石塚隆一の『冥王星を癒す研究会 vol.3』【夜部:2月12日~、昼部:2月28日~】【オンライン心理占星術研究会】

冥王星のトランジットやソーラーアークと
コンサルテーション

『冥王星を癒す研究会』の最終章、vol.3のご案内です。 

 ☞ vol.1はこちら   vol.2はこちら

  

vol.2で取り組んできたこと

 

 冥王星問題を癒すには


『冥王星を癒す研究会』vol.2では、

冥王星がもたらす、あらゆる問題とヒーリングツール、癒しの危機、後ろめたさや憤り、ドメスティックバイオレンスや性暴力、死と悲しみの変容について、深く掘り下げながら、それぞれの冥王星体験を振り返り、冥王星がもたらす様々な課題やドラマ、そしてヒーリングツールに対する理解を深めてきました。

 また『ホロスコープを使った癒し』についても、学んできました。

 

最終章であるvol.3では
冥王星のトランジットやソーラーアークと

冥王星を癒すコンサルテーションについて考えます。

 


すすめ方は、vol.1のやり方に準じます。
ドナ・カニンガムさんのテキストをベースにしながら
それぞれの実体験をシェアしディスカッションを行います。

まず、トランジットやソーラーアークの冥王星を、各人がどのように経験したのか。
その経験を、どのように乗り越え、癒し、成長してきたのか。
あるいは、今も、課題として保持しているのか。

 また、冥王星的課題を抱えたクライアントに
どのようにコンサルテーションを行えば効果的なのかについても
テキストから学び、ディスカッションをとおして深めていきます。

   

vol.1からvol.3 共通する深め方 

この講座では『冥王星問題を癒す』ことをテーマにした心理占星家の洋書を読み込み、グループワークをとおして冥王星への理解を深め、自らの冥王星問題を癒すと同時に、冥王星問題に悩む他者への理解を深め、冥王星問題へのヒーリング能力を高めていきます。

vol.3では、心理占星家でありソーシャルワーカーでもある ドナ・カニンガムさんの著書の7章から8章を読み進め、グループワークでは、参加メンバーが自分の経験をシェアし、対話しながら、互いから学び合っていきます。それぞれの冥王星を癒し、その可能性を発掘する旅へと向かいましょう。

 

取り上げる予定のテーマ

  • 7章:冥王星のトランジット&ソーラーアーク 全2回
  • 8章:コンサルテーション(カウンセリング関連)

 

時期表を出せるソフトをお持ちでない方へ

有料にはなりますが、事務局で、ソーラーアークの時期表(10天体+ASC&MC)と、土星・天王星・海王星・冥王星のトランジット(10天体+ASC&MC軸へ)の時期表を作成させていただきます(2,200円)。いずれもハードアスペクト(0度・90度・180度)のみの時期表であり、期間は出生時から2030年迄となります。ご希望の方は、お申込み後、出生データを事務局迄お知らせください。

 

講師の石塚先生からのメッセージ
冥王星に関するテーマの一つに変容のプロセスがあります。Vol. 2 では、冥王星に関するさまざまな側面や経験の可能性についての理解を深めると同時に、変容、そしてヒーリングのプロセス自体の理解を深めていきました。
さて、Vol. 3 では、時期的なテーマと結びつけて理解を深めます。ドナカニンガムさんの本では、トランジットの冥王星がホロスコープの天体やアングルなどに関連する際の作用や変容の可能性について語っています。勉強会では、さらにソーラーアークの象徴も考慮に加えながらみなさんの経験を振り返り、洞察に繋げられればと考えています。
さらに、最終章では、ドナカニンガムさんは冥王星のテーマをコンサルテーションにおいて扱う際の注意事項について多くのポイントを挙げており、とても参考になるでしょう。今回のシリーズでドナカニンガムさんの本を読了します。完結編として、これまでの冥王星の学びの総まとめができるとよいと考えています。

 

 

石塚隆一の『冥王星を癒す研究会 vol.3』概要

 

受講資格:占星術の知識・中級以上

(以下のいずれも満たす方)
★サイン・ハウス・惑星・アスペクトの知識がある
★トランジットやソーラーアークがわかる
★基本的には、オンライン研究会に毎回参加できる。
★参加前にテキストで予習できる。
★ソーラーアークがわからない方は、こちらの講座で学んでいただけます。
※vol.1&vol.2に参加していない方も、受講いただけます

※必須※ 以下の洋書(アメリカの心理占星家、ドナ・カニンガムさんの著書)を参考テキストにします。石塚先生が、重要部分を翻訳してシェアしてくださいますが、著作権を尊重するために各自、かならず購入してください。

Healing Plute Problems by  Donna Cunningham 

 

vol.1やvol.2にも参加したい方は、再開催リクエストをお願いします。次回は、vol.1からステップを踏んで開催していきます。 

再開催リクエスト:冥王星を癒す研究会vol.1

※過去の録画は見れません。同じテキストを使い、新たなグループで研究を進めていきます。 ある程度の人数が集まりましたら、日程を調整して決定します。☞ 2023年スタートのvol.1詳細はこちら

  

ライブ1)第2月曜の夜 19:30~ ×3回

ライブ2)第4水曜の昼 13:00~ ×3回  

ライブ:約2時間半~3時間 (人数による、途中休憩あり)

再放送:本放送の翌々日から1か月間 (ライブ参加者のみ視聴可能)

  • ライブは夜か昼、一回のみの参加です。
  • ライブ参加した方は、夜分も昼分もいずれの録画も視聴できます。
  •  グループワークの進捗状況や人数により30分前後変動する可能性があります。
  •  参加できなかった回はテキストをお渡しします。
  •  テキストに対するご質問は既定のフォームより受講期間中受け付けします。
  •  ご質問への石塚先生の答えは、質疑応答ファイルにして受講生全員とシェアします。

  

第1回 

[ライブ夜]2024年2月12日(月) 19:30~22:30   

[ライブ昼]2024年2月28日(水) 13:00~16:00 

再放送 2月15日~3月15日

 

 

第2回 

[ライブ夜]2024年3月11日(月) 19:30~22:30

[ライブ昼]2024年3月27日(水) 13:00~15:30 第4水曜

再放送 3月15日~4月15日

 

第3回 

[ライブ夜]2024年4月8日(月) 19:30~22:30

[ライブ昼]2024年4月24日(水)13:00~15:30 第3水曜

再放送 4月15日~5月15日

 

   

□お申込み後のキャンセル料:全額

 ※事前にテキストや資料、アンケートを送付するため。

  

勉強会の流れ

  1.  テキストを予習し、不明点をチェックしておく。
  2. 研究会当日に不明点を石塚先生に質問する。
  3. テキストをベースにしたグループワークを行う。

※各回のグループワークの内容は、事前にお知らせします。 
※vol.3が最終回となる予定です。

 

vol.2を受講していない方は、vol.2の【占星術による癒し】の録画受講が可能です。
以下のリンクからお申込みください。

☞[占星術による癒し~リフレーミング占星術~】

 

  

 講師:石塚隆一 Ryuichi Ishizuka

アメリカの著名な心理占星家であるノエル・ティル先生の代表的な著書を2冊翻訳し、ノエル・ティル来日セミナーを実現するなど、ノエル・ティル先生からの厚い信頼を得た心理占星家。ノエル・ティル先生に直接師事し、アメリカのノエル・ティル・マスタープログラムを卒業。ノエル・ティル式を中心に様々な心理占星術を日本に紹介してきた。月が蠍座にあるプルータリアン。

 

 ファシリテーター (五十音順)

◆北園イオ Io Kitazono

冥王星がMCに限りなく近い9ハウスにあり、チャート全体を統括しているプルータリアン。英語力を武器に様々な占星術書を読み込み探求する占星術研究家。ホラリー研究会、サビアングループ研究会の中心メンバー。

◆Kyoko

冥王星が天王星と共に6ハウスにあり、天王星がDESにコンジャンクションとなっている、天王星ベースのプルータリアン。ノエル・ティル式心理占星術を中心におきつつ、ありとあらゆるホロスコープの可能性を探求している。

 

北園イオさんからのメッセージ
冥王星の「支配」や「操作」、「極限」といったキーワードが強調されている状況ではルールや常識が通用しないことも当たり前に起こります。それゆえセッションを行う占星家は占星術の知識以外に「職業倫理」や「リスクマネージメント」についてしっかりとした考えを持っている必要があります。
冥王星を癒す研究会Vol.3では冥王星が持ち込んだ極限的な状況の只中にあるクライアントと占星家自身を守る方法、相手や自分の冥王星に飲み込まれない姿勢や、安全と明晰さを保ちながら冥王星の再生力を最大に引き出していくやり方なども探っていきたいと考えています。それらはVol.1やVol.2で学んだことを実践で活かす際に不可欠であると同時に、他者の傷に向かい合うことで自分自身の傷を超えるというヒーリングの最終段階を完成させるものにもなるでしょう。
「できること/できないこと」「関与していいこと/いけないこと」の線引きは占星家ひとりひとりで異なるかもしれませんが、参加者の皆さんの知見から得られるものは決して小さくないはずです。冥王星水瓶座時代の冥王星とのかかわり方を共に考えていきましょう。

 

 オンライン参加に必要なもの


本放送(ライブ参加)には、インターネットに接続したパソコンとヘッドセット、あるいは、iOS (iPhone, iPad)かAndroid。顔出しはしませんので、カメラは必要ありません。

再放送(録画視聴)には、インターネットに接続したパソコン、windows や Mac
※インターネット速度は、光ファイバー、高速ADSLを推奨します。

 

ハンドルネームで参加することを推奨します

個人的なことをシェアすることになるので、ハンドルネームでの参加を推奨します。

※ハンドルネームを事前にメールでお知らせください。
※お申し込みは本名でお願いします。

 

お申込み受付後、アンケートを送付します

基本の参加曜日や、ハンドルネーム、冥王星の配置や、冥王星のトランジット経験についてお伺いします。また、アンケートが届きましたらテキストとグループワークの内容について送付させていただきます。ホロスコープは、ドナ・カニンガムさん同様、トロピカル・プラシーダスで作成したものを用います。

 

 関連ブログ 



申し込みフォーム

心理占星術で冥王星を癒す研究会vol.3

石塚隆一の『冥王星を癒す研究会 vol.3』【夜部:2月12日~、昼部:2月28日~】【オンライン心理占星術研究会】

価格: 通常価格¥13,200
/
(税込)
申込:4回分の総額
▼ お申し込みにはアンケートにご回答いただく必要がございます。

領収証の発行はしておりません。
クレジット明細や銀行のお振込み控えが領収証として公的に認められますので、大切に保管されてください。

銀行振込のご入金確認メールは省略させていただいております。

★講座のお申込み後、キャンセルされる場合、キャンセル料が発生します。

ご入金のある、なし、に、かかわりません。
キャンセル料はセミナーによって異なり、告知ページに記載しております。
ご入金済の場合は、キャンセル料と振込手数料を差し引いて、銀行口座への振込にて返金いたします。
未入金の場合は、お申し出後、10日間以内にキャンセル料のお振込みをお願いします。

 ★銀行振込によるご入金済の場合は以下の情報をお知らせください。

お申込者名(本名フルネーム・漢字とふりがな):
キャンセルする講座の名称:
銀行振込の場合:お振込日とお振込名義、お振込み金額
返金先の銀行口座情報(ご本人名義):

講座スタート日の2日前までにご入金が確認できた場合、講座スタート日の前日24時迄に受講URLをメールでお知らせします。
講座スタート日前日以降にご入金確認ができた場合、お申込み後、2営業日以内に受講URLをお知らせいたします。

最近閲覧した商品